ぽとのいの趣味日記

主に自分の趣味に関するブログです。~時にまったり、時にディープに~

スポンサーリンク

黒騎士と白の魔王 ~ギルドバトルについて 基本編 その2~

今回も、毎度おなじみ

 

 

黒騎士と白の魔王

 f:id:Potonoi:20170912172151j:image

 

について書かせていただきます。

 

今回は「ギルドバトルについて基本編その2」を書いていきたいと思います。

 

前回の「その1」を読んだ前提で書いていきますので、まだ見ていない方はチェックをお願いいたします。

 

前回の記事はこちら!

www.potonoi.com

 

基本編とは言っていますが、今回からはだいぶ突っ込んだ内容になってきますので、攻略の参考にしてみてください。以前の記事で書きましたが、自分はギルバトの際全ロールを使ってきたので、色々な視点で書けると思います。

 

基本を書いていただけなのですが、「その3」にまで伸びてしまいました。次回アップ予定ですので、そちらも非常に重要なためご確認頂ければと思います。

 

自分の感覚としては、この基本編をギルドメンバー全員が覚えれば、ある程度のデッキがあれば「ランクS」に簡単になれると思います。

 

まぁ、その「全員が覚えて実践する」というのが、とんでもなく難しいんですけどね( ^ω^)

 

目次は以下の通りです。

■目次

 

編成

戦闘が始まる前の、準備段階に関してです。 

職の編成

戦場内の4人の職編成ですが、様々なパターンがあります。

 

ファイター2人型や、ヒーラー二人型等はたびたび見かけますね。

 

ヒーラー抜き型も見ることはありますが、これは正直対処法がわかれば攻略は簡単です。

 

このあたりは、自分たちのギルドの方針で決めていくことになるでしょう。

 

私の所属する(運営する)ギルドでは、全ロール入った構成となっています。

 

デッキ編成

ここに関しても、同じ戦場に参加するメンバーとの作戦が重要になってきます。

 

ギルドの特色に応じてその組み方は変わってくるとは思いまが、自分の中で重要だと思うポイントをいくつか挙げてみたいと思います。

 

細かい理由は後述しますが、

 

1.ヒーラー以外がラクリナを持つ。

2.ヒーラー以外もラヒールまたはザレクを持つ。

3.ソーサラーはバフ(できればブレイン)を積む。 

 

こんなところでしょうか。

 

立ち回り

 全ロールが入った状態を前提に、立ち回りを書いていきたいと思います。

 

編成が特殊な場合は、いない職の部分を補うような立ち回りや、特殊な立ち回りが必要になりますので、ご了承ください。 

ロール毎の基本の立ち回り

 基本的にやることはロールの役割をこなしつつ、+αといった感じになります。

ファイター

 敵の高火力技を挑発で引き付ける。集中して狙われている味方の盾になる。

 f:id:Potonoi:20170625033737j:image

火力職でもあるので、攻撃もしっかり行っていく。

 

ラクリナも積極的に

 

ヒーラーの回復が追いつかないと思ったらラヒール等も打っていく

 

高火力を出しつつサポートを行いながらも、常に挑発をするべきタイミングかどうかに神経を集中させる必要がある

 

 ソーサラー

スピリトは常に切らさないようにする。

 f:id:Potonoi:20170625042705j:image

相手が複数枚スタンバリアを張ってきたときや、味方ハンターがスタンを打ちたがっている相手に対してバリブレする

 

ブレイン等のバフを味方にまいていく

 

ラクリナも積極的に打っていく

 

手が空きやすい職ということで、何かと色々やる羽目になりがちです。そして結局忙しかったりします。

 

ハンター

 スタンを要所で当てていく。いかにうまいタイミングでスタン、烈風スタンを当てることができるかというのが最大のポイント

f:id:Potonoi:20170625042720j:image

また、自身にヘイストを付与することでGPを多く獲得しやすい職業でもあるため、積極的に攻撃に参加したい

 

器用さの高さから相手へのデバフも高確率で与えることができる。

 

ラヒールやラクリナも状況を見て打っていきたいところ。

 

何よりも敵の状況を常に把握する視野の広さが大切であり、特にも敵のスタンバリアと、ウェイトゲージには常に注意を払っていきたいところ。

 

ヒーラー

ギルバトのHPの減り方は、普段の戦闘よりはるかに速いため、とにかくヒーラーは回復に専念したいところ。

 f:id:Potonoi:20170625042736j:image

専念したところで、回復が追いつかないことがままあるため、周りにもしっかりと協力してもらう必要があります

 

また回復量は、「自分の回復力50%+回復対象の回復力50%」で決定するため、自分と回復対象にインテ等で回復力バフを付与すると、回復力が目に見えて上がります。ぜひ活用してみましょう。

 

ラクリナはできるだけヒーラー以外に打ってもらう

 

常にフル回転で回復をする必要がある。回復で手いっぱいになりがちなので、回復ミスなどが無いよう丁寧にプレイしましょう

 

「その3」に続く

「その2」はここで終了になります。

 

書いていくうちに文章量が多くなってしまったため一度休憩です(お互いに)。

 

「その3」ではチームでの連携や、基本的な考え方を記載しておりますので、非常に役立つと思います。ぜひチェックしてください。

 

 

それでは~( ・∇・)

 

スポンサーリンク