ぽとのいの趣味日記

主に自分の趣味に関するブログです。~時にまったり、時にディープに~

スポンサーリンク

黒騎士と白の魔王 ~コロシアム β版 仕様及び、プレイしてみた感想~

こんにちは、ぽとのいです。

 

今回も

 

 

黒騎士と白の魔王

f:id:Potonoi:20170912172300j:image

について、書いていきたいと思います。

 

今回は、2017年6月28日のバージョンアップで実装された

 

 

コロシアム β版

 f:id:Potonoi:20170628230348j:image

をさっそくプレイしてみましたので、その所感を書きたいと思います。

 

コロシアム β版について

いまかいまかと実装が待たれていたコロシアムですが、ついにβ版が実装されました。

 

β版でできるのはフレンド対戦のみとなっています。

 

概要

コロシアムは個人戦です。個人戦といっても、ギルドバトルと同じ4対4の構成で、自チームの4キャラの内の1人を操作します

 

正式版では操作キャラは、戦闘中に自由に切り替え可能です

 

しかしβ版では、戦闘中にロールの切り替え不可です( ・∇・)ぇ、マジで?

 

デッキは各4ロール分を、それぞれ自分で組みます。ギルドバトルと同じように専用にデッキを組んでおくことができます

 f:id:Potonoi:20170628230421j:image

 

戦闘力キャップも設定可能です。これはフレンド対戦時のみかもしれないですね。

f:id:Potonoi:20170628230446j:image

 

CPUの挙動

自分が操作しないロールはCPUとなりますが、そのCPUの行動をざっくりと決めることができます

 

ドラクエのさくせん「ガンガンいこうぜ」「いのちだいじに」みたいなものですね。

 

全ロールにそれぞれ設定可能で、

 

攻撃重視、防御重視、バランス

 f:id:Potonoi:20170628230503j:image

の3つとなります。

 

バランスに関しては普段のオートと同じ性能とのことです。

 

また、自分の操作キャラが狙っている敵を優先して狙ってくれる、などということは無いので注意が必要

 

ルール

敵を全滅させれば勝ちです。ヒーラーの蘇生は使用可能です。

 

時間切れの場合は、キル数の多いチームの勝ち

 

自分が操作しているキャラクターが戦闘不能になった場合に、一度だけ復活することが可能

 

β版では1ロールしか操作できないため、正式版でどうなるのかは不明。

 

TPは50からスタートします、即ジョブスキルを打つことも可能

 

試合開始直後はCTが30秒以下のスキルはすぐ使用可能。それ以上のものは、CT-30秒が初期CTとなります

 

召喚の演出はカットされます。

 

その他ギルドバトルの各種特別ルールは、コロシアムでは適応されません

 

やってみた

フレンドの戦闘力の関係で、戦闘力キャップ3000でプレイしました。

 

β版ではロール変更不可にもかかわらず、最初の対戦開始画面でお互いの操作ロールが即バレします( ^ω^)・・・

 

HPが3倍扱いではないため、結構すぐ決着がつく印象です。

 

味方CPUも思い思いの敵を攻撃します

 

戦闘力キャップ3000の影響かもしれませんが、ヒーラーに召喚一回当てるだけで撃破しました

 

そして敵のラヒールが失敗し終了。

 

大体そんな試合ばかり( ^ω^)・・・

 

感想

上のほうでもちょいちょい書いていますが、1ロールしか操作できないということで、正直ガッカリです( ^ω^)

 

サーバーの負荷問題で、フレンド対戦のみとかだと思っていたのですが、そもそも仕様が違うという( ^ω^)・・・

 

正直戦闘中のロール変更があるか無いかでは、奥深さが段違いなので物足りないというか、つ、つまらん?( ・∇・)語彙力が・・・

 

どちらかと言うと、ガチ寄りでやってる人向けのコンテンツなので、早めに正式版のリリースをお願いしたいところですね。

 

まだ何も考えず適当に作ったデッキで、10戦ほどしただけですが、

 

CPUがたまたまいい感じに動き、

 

相手のヒーラーが落ち、

 

相手がラヒールorザレク失敗したら勝ち。

 

 

というなんとも言えない試合内容ばかり。。 

 

結局蘇生ミスした方の負けのように感じますね、、

 

公式に動画きてましたが、似たような展開でした。

 

蘇生キャラはみんな2枚積んだほうがいいのかもしれないなー( ^ω^)・・・ 

 

今後戦略を突き詰めていけばまた違った評価になるかもしれないので、もうちょっとやり込んでみて、面白くなってきたら追記するなり、記事を書くなりしたいと思います。 

 

 

それでは~( ・∇・)

 

スポンサーリンク