ぽとのいの趣味日記

主に自分の趣味に関するブログです。~時にまったり、時にディープに~

スポンサーリンク

黒騎士と白の魔王 ~ギルドバトル攻略・講座 実践編 その3~

今回は

 

 

黒騎士と白の魔王 

f:id:Potonoi:20170912172339j:plain

 

のギルドバトルについて、「攻略・講座その3」の記事になります。

 

試合時間毎に意識した方がいいことを書いておりますので、参考にしてください。

※あくまで自分が大切にしていることなので、参考程度にしてください。 

 

前回の記事はこちら! 

www.potonoi.com

目次は以下の通りです。

■目次

 残り5分~残り2分まで

残り5分の段階でロール毎の奥義が使えるようになります

 

最も戦況を大きく動かすのは、ハンターの「烈風スタン」になります。

 

これらをうまく使って、状況を整えながら残り2分からの最後のぶつかり合いに向けて準備を整えましょう。

※以下の内容はバージョンアップによる仕様変更で内容が変わる可能性があります。

基本的に残り5分までとやることは一緒

前回の記事を参照していただき、「試合開始直後から残り5分までに意識すること」が書いてあると思います。

 

基本的にそこに書いてあることを残り2分までの間も繰り返し実施していきましょう

 

残り5分~2分までの特有のポイントを下に書いていきます。

 

ラバリジェを張る 

実際は残り5分時点でスタンバリアが張られていなければならないので、残り5分7秒くらいのところでやらなければいけないのですが。。

 

とにかく烈風スタンを全員がくらうと形成が一気に逆転します。

 

これを防ぐにはラバリジェが一番有効です。

 

最低2人は積んでおき、相手が「烈風スタン」を使うまではできるだけスタンバリアが切れないように注意しましょう。

 

三人以上が烈風スタンをくらうことの無いように注意です。

 

ロール奥義を残り4分までに使う

ロール奥義のCTは1回目が120秒で、必ず残り5分のタイミングでたまります。

 

2回目はCTが150秒に延長されますので、あまり出し渋っていると2回目のロール奥義が有効な場面で出せない事態に陥ることがあります。

 

ギルドバトルで最も重要なのは残り時間2分からなので、その頃には少なくともたまっているようにしておきたいですね。

 

遅くても残り4分時点で奥義をうっておかないと、有効な場面で「まだCT待ち」なんて事態になりかねないので注意しましょう。

 

豪勇挑発の使いどころ

味方が死にかけている時、敵が魔導ブレインを発動した時、敵の召喚を二つ以上引っ張れるとき。これらが主な使うタイミングになります。

 

味方が死にかけている場合でも、立て直しが容易ならわざわざ豪勇挑発を打つほどではないかもしれません

 

魔導ブレインの使いどころ

自分含め味方の召喚に合わせて使用、危険なデバフを食らった時の解除用。

 

これらが主な使いどころになります。

 

神々の手の使いどころ

当然ですが、状況の立て直し用ですね。

 

烈風スタンの使いどころ

敵のスタンバリアが3人以上はがれている時。押し込めそうなとき。味方の状況が悪い時の回避用。敵の召喚を一気に潰せそうな時。敵のロール奥義を潰すとき。

 

使い方は沢山ありますので、有効になる場面であれば積極的に打っていきましょう。

 

敵のWAITゲージにラバリジェが無さそうかどうかも注意して、そこに被らないように注意しましょう。

 

残り3分時点で召喚する

これは召喚のCTによって変わってくる部分ですが、、

 

残り2分時点で召喚を打てるかどうかが重要なため、残り3分時点で一度発動しておくと残り2分の時には召喚がまたたまっていることになります。

 

これは無双中であればCTが10秒程短縮されるためそこを利用するのもアリっちゃアリです。後述しますが、「無双も残り2分時点で発動が可能なことが理想」なため、「無理やり無双でCTを短くした結果、今度は無双のCTが残り2分時点でたまってなかった。」なんてことの無いように注意したいですね。

 

逆に相手が残り2分30秒時点などで、「無双→召喚」なんてことをしてきた場合は非常においしいです。

 

残り2分までに無双を打てるようにしておく

上でも書きましたが残り2分からが最も重要なので、そのタイミングで無双が打てるようにしておきましょう。

 

残り2分からに向けて準備する

ここが勝敗を分けるポイントの一つになります。

 

残り2分時点で無双、召喚、バフ、スタンバリア、味方のHP等の状況をできるだけ整えておきましょう。

 

逆に敵の足並みを崩せるだけ崩しておきましょう。基本的には体力を削ってデバフをかけておくことを推奨します。

 

スタンバリアに関しては敵が一回目の「烈風スタン」を打った時間から150秒逆算して張り始めると、無駄がなく対処することができます。

 

敵の回復スキルと戦闘力を見極める

前回の記事でも書きましたが、敵が回復スキルをどの程度積んでいるか(主にヒーラー以外)、ラバリジェは何人持っているか、ファイターがイージスを持っているかをできるだけ見極めましょう。

 

また、削りやすい敵は誰なのか・敵の回復力は追いついているか等によっても残り2分からの立ち回りが変わってくるので、確認しておきましょう。 

 

続く 

長くなりますので今回はここまでとさせていただきます。

 

残り2分から試合終了までのぶんは、また今度書きたいと思います。

 

次回はこちら!

www.potonoi.com

 

それでは~( ・∇・)

スポンサーリンク