ぽとのいの趣味日記

主に自分の趣味に関するブログです。~時にまったり、時にディープに~

スポンサーリンク

【ドラゴンクエスト ライバルズ】メンテまでにやってみた内容公開【チュートリアル攻略:現在メンテナンス中】

本日配信されましたスマートフォン向けゲームアプリ

 

 

ドラゴンクエスト ライバルズ

 f:id:Potonoi:20171102162317j:image

 

についての記事です。

 

 

配信当日の宿命であるメンテナンスに速攻で入りましたね。

 

しょうがないことですが、、

 

とりあえずチュートリアルが5回、時間にして15分くらいのものがありました

 

チュートリアルが終わった後に380MBほどのデータをダウンロードするのですが、これをロード中にメンテに入りました。

 

 

よってここではチュートリアルで見れた内容を簡単に紹介します。

 

基本的にスクショを取ったところは、画像がそのまま説明になっているのでご確認ください。補足がある場合は文字で書きます。後半は面白くてスクショ取り忘れて普通にプレイしてしまったので、文字で説明します。

 

目次は以下の通り。

■目次

アメリアさん 

f:id:Potonoi:20171102161526p:image

ナビ役が変な萌えキャラじゃなくて良かったです。

 

f:id:Potonoi:20171102161603j:image

カードバトルする場所は通称バルカドの塔というらしいですね。

 

対戦について

 

f:id:Potonoi:20171102161622j:image

リーダーは右端と左端に立っているキャラクターです。カードでリーダーを守るだけではなく、リーダー自身も重要な戦力になります

 

f:id:Potonoi:20171102161645j:image

 

f:id:Potonoi:20171102161718j:image

ちょっと暗くてわかりにくいですが、自分のMPは左下にあります。(キャラクターアイコンの右、HPゲージの下)

 

f:id:Potonoi:20171102161742j:image

1ターンごとにMPは全回復+ターン数分最大値が増える。最初っから強いのドーンと出すのはできなそうですね。小粒モンスにも使い道があるのは良いと思います。

 

f:id:Potonoi:20171102161806j:image

 

 

f:id:Potonoi:20171102161827j:image

減ったHPは次のターンも減ったままです。ホイミスライムの効果なので回復可。

 

f:id:Potonoi:20171102161850j:image

 

f:id:Potonoi:20171102161910j:image

攻撃の対象はユニットでも相手リーダーでも可、どうでもいいけどドラクエだからユニットとか言わないで相手モンスターとか言った方が愛着出ますよね。

 

特殊カードは呪文とか攻撃スキルで、「敵〇体に△ダメージ」みたいなカードです。

 

f:id:Potonoi:20171102161927j:image

すぐに行動できるというのがポイント。

 

f:id:Potonoi:20171102162005j:image

後ろに弱いけど有用な効果を持つモンスターを置くなどして(ホイミスライムとか)、前に強いモンスターを置くことで、後衛を守ることができます。前衛を倒さないと基本的には後ろに攻撃できません。たぶん特殊カードなら後ろを直接殴れます。

 

またスクショし忘れましたが、ウォールという配置もできます。

 

これは横にモンスターを三体並べることで、プレイヤーへの攻撃を防ぐというものです。逆に言えば、モンスターが残っていてもウォールになっていなければ、相手プレイヤーを簡単に攻撃できます。

 

「横に三体並べる」とは言いましたが、同じ列にいなくてもいいようで、真っすぐ三体並べても、「<」こんなふうに並べても、「>」こう並べても、ウォールは成立するようです。

 

 

f:id:Potonoi:20171102162035j:image

 

f:id:Potonoi:20171102162104j:image

 

f:id:Potonoi:20171102162134j:image

ここは、スクショが漏れておりましたが「テンション」というシステムがあります。

 

これは最初0なのですが、テンションゲージを上げるカードを引き、それを使用すると1つずつ上がっていきます(一気に2つ3つあげるものもあるかも)。

 

3までたまると、所謂必殺技を発動させることができます。必殺技はリーダーのキャラクターによって変わります。

 

テンションを1あげるカードのMP消費は1でした。MPが余るようなら積極的に上げてくと良さそうですね。

 

 

 

また、先行のプレイヤーは手札3枚からスタートで、後攻のプレイヤーは手札5枚のテンション2たまった状態からのスタートになります。

 

終わりに

対戦画面では、小さいながらもモーモンやスライムが動いて非常に可愛らしかったです。

 

独特なルールで結構頭を使うので、これからプレイして上手くなりたいと思います。

 

だから早くメンテあけてください。(あけたらまたメンテとかいりませんから)

 

 

それでは~( ・∇・)

スポンサーリンク