ぽとのいの趣味日記

主に自分の趣味に関するブログです。~時にまったり、時にディープに~

スポンサーリンク

黒騎士と白の魔王 ~ギルドバトル攻略・講座 実践編 その5~

今回は

 

 

黒騎士と白の魔王 

f:id:Potonoi:20170912172339j:plain

 

から、「ギルドバトル攻略・講座 その5」について書いていきたいと思います。

 

前回はこちら!

www.potonoi.com

 

目次は以下の通りとなっています。

■目次

 残り2分~試合終了まで その2

前回の記事に収まらなかった分を記載していきます。

 

ヒーラー狙いはどの程度有効なのか


ダメージが2倍になるラスト2分では敵を簡単に倒すことができる為、回復役を潰して敵を崩壊させるヒーラー狙いは確かに有効です。しかし、必ずしも正解とは言えません。
 
以前書いた事もありますが

www.potonoi.com

当然ヒーラーが一番被回復量が多いのはわかっている前提で書きます(つまり落としにくい)。
 

※長いので読み飛ばしてもいいです


例えば明らかに戦闘力がこちらより強い相手ヒーラーを狙った場合、グダグダ時間をかけ、召喚を3発撃ち込んで倒したとします。その直後ファイターが「イージスの盾(アテナ)」で生き返らせると、ヒーラーには無敵時間と各種バフが付きます。無敵時間中に別の敵を狙っていてもヒーラーのラヒール1回で状況を立て直されることもあります。無敵時間後にまたヒーラーを狙ったとして無敵時間後から次のイージスまでのCTは30数秒、召喚3発撃ったため味方にMPがあるとも限りませんし、1度ヒーラーを落とされると敵も守りの意識が強くなるため回復系のスキルを使う量が増えます。

 

※読み飛ばしここまで

 

要は、倒しにくく、すぐ復活されて状況も建て直される挙句、2回目は1回目に落とした時より時間がかかる可能性が高いです。
 
上記のような考え方ができる為「とりあえずダメージ2倍だからヒーラー狙っとけばいいや」という考え方は危険です。しっかりその時の正解を見極めましょう。
 
ちょっと突っ込んだ話になりますが、自分たちは簡単に勝てるが、別の戦場が大差で負けていた場合に、自分の戦場で敵ヒーラーを毎回すぐ倒していたとします。
 
すると敵が復活しない分自分たちが得られる撃破ボーナスは少なくなります。その結果他戦場のフォローができずにトータルで負けになる場合があります。
 
その場合はヒーラーは狙わずわざと起こしてもらって、敵を次々撃破することで取れるだけGPを稼ぐのがトータルで勝つためには必要な戦術となります。

 

ロール奥義を使う

このシリーズの「その3」で書いた事を守っていれば、2回目のロール奥義を打つことができるはずです。

www.potonoi.com 

 

腐らせることの無いようにしっかり使っていきましょう。

 

各奥義を使う場面は、「その3」にも簡単に書いてあるため、参考にしてみてください。

 

また、敵の奥義は1回目から150秒経つまでは2回目がうてないため、時間内であれば警戒は不要です。

 

残り時間を意識する

残り時間を意識して、最もGPが多く獲得できる方法をしっかり選択していきましょう。

 

残り時間が10秒ほどで僅差で負けている場合は、とにかく全員で今出せる最大火力を出す必要があります。「のんびり昇竜うってから召喚ためてたら時間切れになりました。」などということの無いようにしましょう。

 

逆に残り10秒で勝っている場合は、勝ち具合を見て味方が落とされなければ勝てるのか、召喚のダメージ一発で逆転されるほど僅差なのかを見極めましょう。見極めた結果に応じて、守りに入るのか、攻撃に回るのかを判断しましょう。

 

ヒーラーは味方が落とされないと踏んだ場合は、最後の瞬間に自分も攻撃に回るのもありです。基本的にはヒーラーは常に回復をしているのがいいのですが、最後に召喚をうった場合、その一発によって試合結果が変わる場合もあります。

 

インターバルでやること

ギルバトの前半戦が終わり、インターバルに入った時にやるべきは作戦会議と意識合わせです。

 

  • 一番削りやすいのは相手の○○で合っているか?
  • 敵はヒーラー狙いのようだから、回復を多めに使ってこう。
  • デバフが多いからラクリナ意識あげていこう。
  • ○○狙いで、そこ落としたら次は△△で。
  • ハンター二人型だから自分もラバリジェ持っていきます。

 

等々、指示役が中心となって意識合わせと作戦会議を行っていきましょう。

 

デッキの変更やメンバー変更も、必要があれば各戦場の状況に合わせて行っていきましょう。

 

続く

実践編と題してここまで書いてきたギルバトの攻略・講座シリーズですが、次回はテクニックや具体的な作戦などについて書ければと思います。

 

長らく続いたこのシリーズもあと1回か2回で終わりますので、もう少々お付き合いいただければと思います。

 

続きを書いたらここにリンクを貼ります。

 

 

それでは〜( ・∇・)

 

 

スポンサーリンク