【オッド・アイ】井口裕香のむ~んのレポート【沢口けいこ・鷲崎健・青木佑磨】

ラジオ「井口裕香のむ~ん第421回」にゲストで『オッド・アイ(鷲崎健・沢口けいこ・青木佑磨)』が登場した回のレポートを書いていきたいと思いますので、興味のある人は見ていってください。

 

■目次

こちらの記事もどうぞ

・【内田真礼】ラジオ「鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト」の様子と感想 Part1

・【内田真礼】ラジオ「鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト」の感想 Part2

・【内田真礼・佳村はるか】内田雄馬と石川界人も!?「My Girl meets Aこえ」を聞いたレポート

レポート 

それでは番組内容のレポートです。

 

冒頭部分

オープニングトークは井口さん関連の宣伝などのお知らせがメインとなっていました。「とある魔術の禁書目録」のEDで使われている『革命前夜』という曲が入ったCDの宣伝やら、アーティストモデルのCDなどの購入者特典では井口さんのトレカなどが貰えるようです。興味のある人はチェックしてみてください。

 

ゲスト出演部分

ゲスト出演直前にライトの調子が悪くなったのか、スタジオが暗くなるというぷちトラブルもありましたが、ゲストと含めラジオ巧者4人が揃うという事で難なく切り抜けました。

 

ゲストはアイドルユニット?『オッド・アイ』がゲスト!メンバーは鷲崎健さん、沢口けいこさん、青木佑磨さんです。沢口さんこと「けっけ」はわかりますが、他二人は何故アイドルだという話しになっていきました。

 

『けっけ』が元々のアイドルグループで、自分が幼少期から思い描いていたアイドル像とは違ったようで、鷲崎さんにその話をしたところから生まれたアイドル?ユニットだそうです。もっと具体的な話しは実際のラジオを聞いたり調べたりしてみてください。結構な苦労人で、今回掴んだチャンスは頑張って活かして欲しいですね。

 

女性声優のセクシーさや餃子パーティーなんかの問題に一瞬触れましたが、その話題はまた今度になりました(笑)ぜひ時間を作って話してもらいたいところです(笑)

 

最初のうちは「けっけ」がラジオ巧者の3人に圧倒されて喋れていませんでしたが、鷲崎さんが最初にパスを出してからは、しっかり話せるようになっていました。両者ともに流石です。

 

青木佑磨さんは鷲崎さんの長年のファンであり、喋りもたつし曲も書け、楽器の演奏もできます。若くて今が大事な時期だと言っていましたが、たぶん今後もちゃんと生き残っていけるポテンシャルがあると思います。応援してますよ!

 

ラジオでトークを聞けば聞くほど、「けっけ」の不遇っぷりが涙なしでは聞けません。キャリーできる腕がある男性ならキャリーしてあげたくなる気持ちもわかりますね。キラキラとしたアイドルになりたいという「けっけ」の願いが純粋なものなので、ちゃんと売れて今後どんどん大きなステージに立てるようになって欲しいですね。自分もCD買いますよ~。

 

生演奏コーナーでは、トークからすぐに歌に入り曲を披露してくれました。生放送で音声チェックもしてない中だったので、放送では音量バランスがギターが大きくなってしまいましたが、今後も色んなところで生演奏が見られるといいですね!

 

対バンの話しでは「オッド・アイvs復活したローキューブ」という話が出ており、盛り上がりました(笑)今じゃ若手二人以外は膝が曲がらなそうですね。

 

最後は井口さんがメールをロストしたりと、普通のラジオではグダグダになりそうなところでも4人全員がラジオ巧者なだけあって、全てがネタになって楽しい流れのまま終わっていきました。

 

終わりに

てなわけで、オッド・アイのアルバム「Okey Dokey Do it」をよければ皆さんも手に取ってみてください。自分も買いまーす。

 

しかし、19歳とかで鷲崎さんに見込まれた井口裕香さんがキャリアを重ね、その時のラジオなんかを聞いていた鷲崎さんファンの佑磨さんもラジオをやっていて、今鷲崎さんと一緒にラジオをやっている若手の沢口さんも一緒に、4人揃って今ラジオをしているなんて、とても感慨深いですね。